サイバーセキュリティ入門|ATアカデミー

研修「サイバーセキュリティ入門」のご案内

インターネットサービスの利便性や危険性の両面を理解し、インターネットサービスを安全に利用することを目指します。

コース内容

コース名 サイバーセキュリティ入門
研修タイプ e-Lerning学習
日程 約2.5~3時間のe-Lerning学習
対象者 IT市場での就業を目指す学生
IT企業の新入社員
前提条件 特にありません
目標 ・インターネットサービスやその危険性を理解し、インターネットを安全に利用することができる。
・セキュリティの技術や法律・ガイドラインなどを理解することができる。
講座のポイント ・インターネットを使った身近なサービスの仕組みについて学習する。
・インターネット利用に伴う危険な部分、またインターネットを安全に使うための基本的な対策について学習する。
・試験に合格すると認定資格の取得ができます。(70%以上の正答率で合格となります)
・受講が完了すると受講証明が発行されます。
スキル指標 スキル指標 サイバーセキュリティ入門(PDF)
対応認定資格 Certified AlliedTelesis Cybersequrity Beginner(CAC-B1)
定員 -

eラーニング・講義内容

日程 時間 使用機器 講義
- - - 1章 インターネットを使ったサービス
 1. インターネットとは
 2. インターネットの仕組み
 3. インターネットを使ったサービスの仕組み
 3.1 ホームページの仕組み
 3.2 電子メールの仕組み
 3.3 ブログの仕組み
 3.4 電子掲示板の仕組み
 3.5 SNSの仕組み
 3.6 チャットの仕組み
 3.7 メーリングリストの仕組み
 3.8 ショッピングサイトの仕組み
 3.9 ネットオークションの仕組み
 3.10 インターネットバンキングの仕組み
 3.11 クラウドサービスとは?
 3.12 スマートフォンとは?
 3.13 無線LANの仕組み

2章 インターネットに潜む危険
 1. ウイルスについて
 1.1 ウイルスとは?
 1.2 ウイルスの感染経路
 1.3 ウイルスの主な活動
 2. 不正アクセスについて
 2.1 ホームページやファイルの改ざん
 2.2 踏み台攻撃について
 3. 詐欺等の犯罪について
 4. 事故や障害について
 5. 脆弱性とその対応策
 6. 情報発信に関するトラブル
3章 インターネットの安全な歩き方
 1. IDとパスワード
 1.1 認証の仕組みとその必要性
 1.2 設定と管理の在り方
 2. ウイルスへの対応策
 3. 不正アクセスへの対応策
 4. 詐欺や犯罪への対応策
 5. 事故・故障への備え
 6. 情報発信の心得

4章情報セキュリティ関連の技術
 1. ファイアウォールについて
 2. 暗号化の仕組み
 3. SSLの仕組み
 4. ファイル共有ソフトとは?
※1.カリキュラムについては、予告なく変更する場合がございます。 ※2.日程と時間については1日間の講義を実施した場合となります。

サンプル・参考資料

サンプル・参考資料

eラーニングのお申込み

eラーニングのお申し込みには、eラーニング用のバウチャーチケットとWeb試験用のバウチャーチケットが含まれます。

受付状況 定価 申し込み
受付中 \19,800 ログインしてください

お申し込みの後、アライドダイレクトから対応する研修を購入頂く事で、eラーニングとWeb試験が可能になります。

代理店様経由でアライドテレシスへ本製品をご注文いただいているお客様については、アライドダイレクトでのご購入は必要ありません。本サイトで「受講申込み」のみ行ってください。ご注文を確認でき次第、受講と試験のためのバウチャーチケットをお送りいたします。

Web試験のお申込み

Web試験のみを受験する場合にご利用ください。再試験の場合もこちらからお申込みください。

受付状況 定価 備考 申し込み
受付中 \3,000 【再試験2】サイバーセキュリティ入門 ログインしてください

お申し込みの後、アライドダイレクトから対応するバウチャーチケットを購入頂く事で、Web試験が可能になります。

代理店様経由でアライドテレシスへ本製品をご注文いただいているお客様については、アライドダイレクトでのご購入は必要ありません。本サイトで「Web試験申し込み」のみ行ってください。ご注文を確認でき次第、試験のためのバウチャーチケットをお送りいたします。